Sitemap

WSUS レジストリをバイパスする方法

WSUS バイパス regedit は、Windows で WSUS を無効化またはバイパスする方法です。これは、独自の更新を管理する場合や、WSUS の問題をトラブルシューティングする必要がある場合に役立ちます。

WSUS レジストリをバイパスする方法はいくつかありますが、最も簡単で最も一般的な方法は、サード パーティのツールを使用することです。必要に応じて使用できる組み込みメソッドもいくつかあります。

サードパーティ ツールの検索または使用についてサポートが必要な場合は、サードパーティ ツールの検索方法と使用方法に関する記事にいくつかの推奨事項があります。

最後に、必要に応じて使用できる組み込みメソッドもいくつかあります。これには、レジストリ キー値の変更、スタートアップ スクリプトの作成、およびグループ ポリシー設定の使用が含まれます。

これらの方法にはそれぞれ長所と短所があるため、ニーズに最適な方法を選択することが重要です。

WSUS のレジストリ キーとは何ですか?

WSUS のレジストリ キーは HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREMicrosoftWindows Server Update Services です。

このキーには、次のサブキーが含まれています。

• wsusServerLocation (DWORD) – このサブキーは、WSUS サーバーの場所を指定します。デフォルト値は「http://server0

• wsusServerName (DWORD) – このサブキーは、WSUS サーバーの名前を指定します。デフォルト値は「WSUS」です。

• wsusClientPort (DWORD) – このサブキーは、WSUS クライアントが WSUS サーバーに接続するポートを指定します。デフォルト値は 853 です

• wsusClientAuthenticationLevel (DWORD) – このサブキーは、認証情報がクライアントから WSUS サーバーに渡される方法を決定します。可能な値は、0 (認証なし)、1 (基本認証)、または 2 (Windows セキュリティ認証システム) です。デフォルト値は

• wsusClientProtocolVersion (DWORD) – このサブキーは、TCP/IP 経由でリモート WSUS サーバーに接続するときに、WSUS クライアントが使用する Windows セキュリティ認証プロトコルのバージョンを示します。可能な値は 1 と 2 で、それぞれ Windows セキュリティ認証プロトコルのバージョン 1 と 2 に対応します。デフォルト値は

さらに、このキーには次の 2 つのキーも含まれています。

• FileShareWatcherEnabled (ブール値) – TRUE に設定すると、Microsoft Windows Vista 以降のオペレーティング システムで BranchCache 機能を使用するクライアントの更新ファイルを含むすべての共有で FileShare Watcher が有効になり、Microsoft Update サーバー以外のソースからの更新は直接ダウンロードされません。クライアントのローカル ハード ディスクではなく、BranchCache が有効なクライアントがアクセスできるネットワーク ファイル共有にキャッシュされます。"true は有効であることを意味し、false は有効でないことを意味します。"

HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREMicrosoftWindows Server Update Services.FileShareWatcherEnabled=TRUE"ユーザーにオフライン ファイルとオンライン ファイルを使用させたい場合は、WSU 設定でファイル共有ウォッチャーを有効にする必要があります"詳細については、https を参照してください。 ://supportforums.microsoft.com/en-us/thread/2144253?start=0&tstart=0#p214425

  1. contoso.com".
  2. 「WSUSA バイパス レジストリのレジストリ キーは、HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\WUAUSERENUMERATOR Parameters にあり、"EnableOfflineFiles" という名前の DWORD が存在します。その値を FALSE に設定すると、オフライン ファイルのキャッシュが無効になりますが、EnableOfflineFiles が以前に設定されていなかった場合その後、Microsoft Update サーバー以外の更新ソースからダウンロードされた更新は、DisableOfflineFiles が TRUE に設定されていても、クライアント マシンのローカルにキャッシュされます。 supportforums.microsoft.com/en-us/thread/2144253?start=0&tstart=0#p214425"WSU でオフライン ファイル キャッシュを無効にするには:"HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\WUAUSERENUMERATOR Parameters"EnableOfflineFiles="false""WSU でオフライン ファイル キャッシュを有効にするには:"HKEY_LOCAL_MACHINE \SYSTEM\CurrentControlSet \Services\WUAUSERENUMERATOR Parameters"EnableOfflineFiles="true"グループ ポリシー オブジェクト (GPO) を使用して組織のソフトウェア更新インフラストラクチャを構成するには、いくつかの方法があります。1 つの方法は、[コンピューターの構成] > [管理用テンプレート] > [システム] > [更新管理] で、SoftwareUpdate Service クライアント設定の特定の構成を使用して GPO をセットアップすることです。

WSUS レジストリはどこにありますか?

WSUS レジストリは、次のパスにあります:HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREMicrosoftWindowsUpdateWSUS

regedit ユーティリティを使用して、このレジストリの内容を表示および変更できます。詳細については、Microsoft の記事「RegEdit を使用して Windows Update 設定を管理する方法」を参照してください。

.

WSUS レジストリ キーを編集する方法

  1. 「wus」と入力して、「Windows Update Services」コンソールを開きます。
  2. 「Windows Update サービス」コンソールで、「サーバー構成」ノードをクリックします。
  3. ウィンドウの右側の [サーバー プロパティ] の下で、[WSUS サーバー設定] という名前のキーを見つけてダブルクリックします。
  4. [WSUS サーバー設定] ウィンドウの [構成パラメーター] で、[WSUS 管理サイト URL] という名前のキーを見つけてダブルクリックします。
  5. [WSUS 管理サイトの URL] ウィンドウで、WSUS 管理サイトの完全な URL を入力します (例: http://server01/wsus)。
  6. [OK] をクリックして、[WSUS サーバーの設定] ウィンドウを閉じます。
  7. Windows Update Services コンソールの左側のペインで [既定の Web サイト] という名前のキーをダブルクリックして、そのプロパティ ダイアログ ボックスを開きます。
  8. このプロパティ ボックスの [Web サイト] の下で、WSUS 管理サイトの名前 (例: wsus) に対応する値を見つけてダブルクリックします。これにより、Web サイトが Windows Update サービスからのすべての更新の既定として設定されます。今後の更新は、Windows Update サービス用に構成した他の Web サイトからダウンロードする前に、最初にこの Web サイトからダウンロードされます。
  9. (オプション) WSUS サーバーからダウンロードする特定の種類の更新プログラムを構成するには、[更新の種類] の下で、[追加...] をクリックして新しい更新の種類を追加し、新しい更新の種類ごとに名前を入力します (例: セキュリティ)更新)、その更新の種類のカテゴリ (例: Microsoft 製品) を選択し、[OK] をクリックします。
  10. (省略可能) 最初にセキュリティ更新プログラムを受信するコンピューターを指定するには、AD DS オブジェクト エクスプローラーで名前をクリックし、それらを右クリックして [プロパティ] を選択することにより、Active Directory ドメイン サービス (AD DS) で 1 つ以上のコンピューターを選択します。この選択したコンピュータの [プロパティ] ダイアログ ボックスの [全般] タブで、[更新の確認] ボタン をクリックします。ワイルドカード (*) を使用して、複数のコンピューターを選択することもできます。コンピュータを追加または選択したら、ダイアログ ボックスの下部にある [適用] を押します。
  11. (オプション) 選択した各コンピュータのセキュリティ アップデートをチェックする頻度を指定するには、[許可] チェックボックスの下にあるドロップダウン リストからオプションを選択します。オプションは、毎日、毎週、毎月、または毎年です。毎日/毎週/毎月などの更新を手動で確認する必要なく、自動更新の動作を構成する場合は、代わりに [更新を自動的に確認する] オプションを使用します。
  12. (オプション) ドメイン コントローラーにログインしていないユーザーが、自動更新機能を有効にしてグループ ポリシー設定を有効にして、Windows Update サービスからセキュリティ パッチをインストールしようとする場合は、[セキュリティ オプション] セクションの下にある [グループ ポリシー処理を有効にする] チェック ボックスをオフにします。変更を行った後、ダイアログ ボックスの下部にある [適用] を押します。
  13. (オプション) グループ ポリシー設定を有効にして自動更新機能を使用して、インストール プロセス中に必要なソフトウェア コンポーネントの自動検出を無効にするには、[セキュリティ オプション] セクションの下にある [コンポーネント検出を有効にする] 設定をオフにします。変更を行った後、ダイアログ ボックスの下部にある [適用] を押します。

WSUS レジストリ キーを編集すると、どのような影響がありますか?

WSUS レジストリ キーを編集すると、いくつかの潜在的な結果が生じる可能性があります。最も明白なのは、WSUS サーバーが壊れる可能性があることです。間違ったキーを編集すると、コンピューターが応答しなくなったり、クラッシュすることさえあります。さらに、レジストリからキーを削除すると、WSUS がその設定を以前の状態に復元することが (不可能ではないにしても) 難しくなります。最後に、一部の Windows 機能 (BitLocker など) は、特定の方法で設定された特定のレジストリ キーに依存しています。これらのキーがどのように機能するかを正しく理解せずにこれらのキーを変更すると、システムが意図したとおりに機能しない場合があります。

WSUS レジストリ設定をリセットする方法はありますか?

はい、WSUS レジストリ設定をリセットする方法があります。ただし、これは、他のすべての試行が失敗した後の最後の手段としてのみ実行する必要があります。

Windows Update に関する問題の一般的な原因には、不適切なインストール ファイル、古いソフトウェア バージョン、互換性のないハードウェア ドライバー、メモリやディスク領域などのシステム リソースの不足が含まれます。

WMI スクリプトは、コンピューターのソフトウェアの更新に関連するタスクを自動化するために使用できますが、WMI のしくみを理解している経験豊富な管理者のみが使用する必要があります。

PC に Microsoft Update をインストールまたは更新しようとしているときに接続の問題が発生した場合は、IT サポート チームに連絡して支援を求める必要がある場合があります。「いいえ - お使いのコンピューターで更新プログラムを完全に無効にしても、根本的な問題は解決されず、結果的に損害が大きくなる可能性があります。」「すべてを試しましたが、どうすればよいですか?」ほとんどの場合、他のことを試みる前に、まず Microsoft Update を再インストールすることをお勧めします。これらの更新プログラムは、よく発生する問題を解決することが多いため、解決策を提供します。「更新されたドライバーのチェックやネットワーク環境が正常であることの確認など、更新サービスを介してコンピューターをパブリケーションに接続できない場合に試すことができる多くのことがあります。」

  1. まず、Windows レジストリ エディター (regedit) を開きます。次のキーに移動します:HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREMicrosoftWindowsUpdate WindowsUpdate を右クリックし、[新規] > [DWORD (32 ビット)] を選択します 値 新しい値に「ResetWSUS」という名前を付け、その値を に設定します レジストリ エディタを閉じます コンピュータを再起動しますWSUS を再度インストールまたは更新する WSUS で引き続き問題が発生する場合は、WSUS レジストリ設定をリセットする必要がある可能性があります。WSUS レジストリ設定をリセットする方法の詳細については、こちらの記事を参照してください: http://wwwmicrosoft... wsus/en-us/articles/reset-wsus-registry 注: regedit で Windows Update の設定に加えた変更は、regedit を閉じてコンピューターを再起動するとすぐに有効になることに注意してください。変更を保存する前に!Windows Update の構成または使用についてサポートが必要な場合は、IT サポート チームにお問い合わせください。「WSUS レジストリ設定をリセットする方法はありますか?「はい、必要に応じて WSUS レジストリ設定をリセットする方法がありますが、これは他のすべての試行が失敗した後の最後の手段としてのみ行う必要があります。」Windows Update に関する問題の一般的な原因は何ですか?
  2. OpenWindowsUpdateAndConfigureNotificationSettings [全般] の下で、[Microsoft からの更新] カテゴリの横にある両方のボックスのチェックを外します。[OK] をクリックします。「コンピューターを公開版の MSU に接続しようとすると、エラー メッセージが表示されるのはなぜですか?」MSU のパブリック エディションには、プレミアム サブスクリプション エリア外のユーザーに連絡できないようにするためのサブスクリプションが必要です (例: USEnglish のプレミアム サブスクライバーは、国際英語の MSU を使用して接続することはできません)。

レジストリで WSUS サーバーの設定を変更するにはどうすればよいですか?

ActiveSync 同期のみを目的として WSUS サーバーの設定を手動で構成する場合は、[OK] をクリックする前に、上記の手順 7 で AutoConfig を 0 に設定する必要があります。

  1. [スタート] をクリックし、検索ボックスに「regedit」と入力して Enter キーを押し、Windows レジストリ エディタを開きます。
  2. レジストリ エディターで、HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREMicrosoftWindowsUpdateActiveSync に移動します。
  3. このキーの右側のペインで、値が 1 の「AutoConfig」という新しい DWORD 値を作成します (これにより、自動構成が有効になります)。
  4. レジストリ エディターを閉じます。
  5. WSUS サーバーでサーバー マネージャーを開き、[ツール] > [WSUS 管理コンソール] をクリックします。
  6. [サーバー] で、WSUS サーバーを選択し、[プロパティ] をクリックします。
  7. [同期設定] で、AutoConfig を 0 に変更します (これにより、自動構成が無効になります)。 [OK] をクリックします。

[Windows Update のインターネットの場所に接続しない] レジストリ設定の目的は何ですか?

このレジストリ設定により、Windows Update がインターネットに接続して更新プログラムを取得できなくなります。この設定を無効にすると、Windows Update は更新プログラムを確認するたびにインターネットへの接続を試みます。これにより、コンピュータの帯域幅の使用と処理能力が向上します。

Windows Update のインターネットの場所に接続しないレジストリ設定は、次のキーにあります: HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREPoliciesMicrosoftWindowsUpdate

この設定を有効または無効にする場合は、次の手順に従います。

図 A: RegEdit の [キーと値] ウィンドウ

図 B: RegEdit の「DoNotConnectToAnyWindowsUpdateInternetLocations」という名前の DWORD 値

図 C: RegEdit で 1 に設定された DoNotConnectToAnyWindowsUpdateInternetLocations DWORD 値

  1. [スタート] メニューを開き、検索ボックスに regedit と入力します。
  2. regedit が開いたら、[OK] をクリックします。
  3. regedit の左ペインで、下の図 A に示すように、REGISTRY サブキーの下にある [キーと値] をクリックします。
  4. 以下の図 B に示すように、「DoNotConnectToAnyWindowsUpdateInternetLocations」という名前の DWORD 値をダブルクリックします (または、存在する場合は値を変更します)。
  5. この設定を有効または無効にする場合は、値を 1 (有効) または 0 (無効) に設定します。下の図 C に示すように、変更が完了したら [OK] をクリックします。
  6. メイン メニュー バーで [ファイル] > [Regedit の終了] をクリックするか、キーボードの F11 キーを押して、regedit を閉じます。

WSUS 更新プログラムを無効にするかバイパスする理由は何ですか?

WSUS の更新を無効にしたりバイパスしたりする理由はいくつかあります。一部の人々は、更新プログラムが重要すぎる、または手動でインストールするには十分重要であると考えているため、WSUS から更新プログラムを受け取りたくない場合があります。また、単に WSUS に接続できず、別の方法でコンピューターを更新したいと考えるユーザーもいます。いずれにせよ、WSUS の更新を無効にするかバイパスすることで、セキュリティやユーザーの利便性を確保することができます。WSUS 更新を無効化またはバイパスする方法はいくつかあります。最も簡単な方法は、Windows 10 で Windows Update 設定を開き、[更新プログラムを自動的にダウンロード] オプションを [オフ] に設定することです。これにより、Windows 10 は WSUS から新しい更新プログラムをダウンロードできなくなり、代わりに Microsoft Update サーバーからの手動ダウンロードに依存します。もう 1 つの方法は、WUSABSI などのサードパーティ製ツールを使用することです。このツールを使用すると、コンピュータをスキャンして古いソフトウェアや脆弱なソフトウェアを検出し、自動更新削除プロセスを使用してシステムからそれらを自動的に削除できます。最後に、コンピューターで regedit を使用して、新しいソフトウェア バージョンの確認、パッチのダウンロード、利用可能な更新プログラムに関する通知の送信など、Windows Update サービスの特定の機能を無効にすることもできます。 WSUS?はい、WSUS の更新を無効にするかバイパスする際に留意すべき点がいくつかあります。まず、プロセス中に問題が発生した場合に情報が失われる可能性があるため、WSUS 更新を無効にするかバイパスする前に、すべての重要なデータのバックアップがあることを確認してください。Additionally, be aware that by disablingorbypassingWSUSServiceyoumaylosetheabilitytoinstallnewupdatesfromMicrosoftUpdateandworse yetyoumayexperiencefaultysoftwareinstalledonthelinuxsystemswhichcouldresultintroubleoperatingyourcomputerindefinitelyorleadtotranscendentaldamage.(FormoreinformationondisablingandbypassingsupportforWindowsupdateseattheregistrykey "HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREPoliciesMicrosoftWindowsUpdate".)What other steps do I need take in order for my computer notto receive any more updated via wsus?

上記のすべての更新に加えて、PC からさらに多くの情報を提供する必要がある場合があります。

- PC の種類 (ラップトップ、デスクトップ、タブレット)

- OS とアプリは最新ですか?そうでない場合、何が原因でしょうか?

- パソコンはインターネットに接続されていますか?そうでない場合、Microsoft Update Server から必要な接続には何が含まれている可能性がありますか?

- 現在、仕事/教育目的で PC を使用しているユーザーの数。

コンピューターが更新にローカルまたはリモートの WSUS サーバーを使用しているかどうかを確認するにはどうすればよいですか?

この質問に対する決定的な答えはありません。特定の状況に応じて、Windows Server Update Services (WSUS) の設定を確認するか、サードパーティ ツールを使用して、コンピューターが使用しているサーバーの種類を確認できる場合があります。

コンピューターがローカルの WSUS サーバーを使用している場合は、更新プログラムがリモート ソースからではなく、そのサーバーからダウンロードされていることを確認する必要があります。これを行うには、Windows Server Update Services (WSUS) マネージャーを開き、[設定] タブを選択します。[更新元] の下で、[ローカル サーバー] の横のボックスがオンになっていることを確認します。コンピューターがリモート WSUS サーバーを使用している場合は、そのサーバーから更新プログラムが自動的に取り出されるかどうか、または更新プロセスを手動で開始する必要があるかどうかを判断する必要があります。自動更新が機能するには、ローカル WSUS サーバーとリモート WSUS サーバーの両方が Active Directory ドメイン サービス (AD DS) 環境の一部として構成されている必要があります。Microsoft の Support Lifecycle Management Toolkit (SLM) 2012 R2 for AD DS 展開ガイダンス、または Microsoft System Center Configuration Manager 2007 R2 SP1 Deployment Guide - Using Group Policy Objects for Updates などの別のサードパーティ ツールを使用できます。更新プログラムが自動的に取り出されているかどうかを判断できない場合は、自動更新に依存するのではなく、リモート WSUS サーバーに直接接続するようにコンピューターを構成する必要がある可能性があります。これを行うには、[設定] > [コントロール パネル] > [管理ツール] > [ネットワーク接続] を開き、WSUS インスタンスに関連付けられている接続を右クリックします。ここから [プロパティ] を選択し、[接続の種類] で [サーバー接続] を選択します。[全般] タブで、[SSL/TLS を使用する] を [はい] に設定します。